しばもさ

しばらく模索していきます。

男性諸君に告ぐ、即刻洋式トイレでの立ちションを中止せよ

まず最初に書いておく、私は男だ。

洋式トイレで便座を上げての立ちション。

今までは男の常識だったが、それはもう古い。

いや、古いってことにしてください。お願いします。

私は気持ちよくウンコをしたい

いいか、よく聞いてくれ、私は腹が弱い。

腹が弱いと当然出先でウンコする確率も高いわけだ。

私がウンコをするとき、それが大きいショッピングモールだったら何も問題がない。

洋式トイレと小便器が別になっており、洋式トイレは実質ウンコ専用機となっているからだ。

そのおかげで、私は気持ちよくウンコをすることができる。

しかし喫茶店などでトイレが1つの場合、これが地獄だ。

過去の文化に囚われた男性陣が、まるでそこが実家であるかのように、便座を上げて立ちションをするわけだ。

いいか、よく聞いてくれ、お前の射撃は決して上手くないし、なんならそいつは散弾銃だ。

小便が飛び散った空間で、便座にも小便がついてるんじゃないかと怯えながら、トイレットペーパーを便座に敷いてウンコをする奴の気持ちがわかるだろか。

知らない奴の小便に触れるくらいなら、知らないおっさんと間接ケツしたほうがまだマシだ。

そう、男は黙って座りションだ。

女性陣はもう気付いている

この前ちょっと変わったバーを見た。

そのバーにはトイレは男性用小便器1つと、女性用洋式トイレの2部屋しかない。

となると私はどこでウンコをすればいいのか。

よく見ると張り紙が貼ってある。

女性用トイレ(男性はウンコのみ可能)

なるほど。この店長は気付いている。私と同じだ。

洋式立ちションの掃除をするくらいなら、我々と間接ケツしたほうがマシだと判断したのだろう。的確なマネジメントだ。

ただし文化はそう変わらない

洋式トイレでの立ちションは自宅以外禁止。

そんな条例ができたとしても、この文化はトイレにカメラでも仕掛けられない限り変わらないだろう。

例えば1人の反逆者が洋式トイレで立ちションをしたとすると、後続の者はどうなる。

ケツに小便が付くリスクを取ることができるだろうか。

答えはノー。

上記の流れは容易に想像できる。憎しみの連鎖は結局止まらないのである。

頼む〜せめて便座はあげてくれ〜

無理なのはわかった。でもね、せめて立ちションするときに便座はあげてくれ〜。

この前便座にめっちゃ付いてたんだよ〜。

頼む〜。これは最低限、頼む〜。